ホーム >  事業紹介

指導部門

地域林業の担い手として、県・市・関係機関等との連携を図りながら、森林所有者に代わり主伐・間伐等の森林整備を推進することにより、管内森林の健全化を図ります。

1.間伐推進員との連携を図りつつ集約化施業を進めます。

指導部門画像

販売部門

販売部門画像

1.森林資源が充実しているなか、森林所有者の要望に応えるべく、主伐買取り事業を積極的に進めます。

2.受託販売及び林産事業を積極的に推進し、直流販売に努めると共に、流通コストの低減に努めます。

3.高性能林業機械等の導入により、低コスト化、効率化に取り組み、木材生産の拡充を図ります。

加工部門

南薩支所・ひおき支所の丸棒工場及びひおき支所のチップ工場の加工施設については、間伐した小丸太及び低質材の有効利用を図ると共に、バイオマス燃料の原材料、治山、林道等森林土木及び農業用杭木の積極的な利用拡大を図ってまいります。

加工部門画像02

南薩支所丸棒加工場

加工部門画像01

ひおき支所チップ工場

森林整備部門

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

1.優良な山行き苗及び林業用資材の安定供給に努めます。

2.各種補助事業を積極的に活用し、造林・除伐等の受託事業の拡大を図ります。

3.集約化事業を推進し、効率的な事業の実施に努めます。

4.公有林の森林造成事業を積極的に推進します。

5.森林保険への加入を積極的に推進します。

6.作業路及び集材路を開設し、作業の効率化を図り低コスト化に努めます。

7.森林経営計画作成と不在村地主や、放置森林の適正な森林整備に努めます。

8.森林病害虫防除及び駆除等の薬剤散布を実施します。

9.緑の雇用担い手対策制度を活用し、林業技術者を育成します。

ページの先頭へ戻る